FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


今期最後のビラ
カテゴリ: 未分類
遅れましたが、2月8日に発行した今期最後のビラです。

s-120209富大ビラ

s-120209富大ビラ裏

 3月11日、「原発いらない福島県民集会」が開かれます。全国の高揚する反原発運動で野田政権を追いつめ、ついに稼働する原発が3機になっています。3月は野田政権による原発再稼働との激突であり、福島の怒りと固く団結して原発再稼働をうち破る時です。原発こそ、「命より金儲け」の新自由主義を象徴しています。「3・11原発いらない福島県民集会」に集まりすべての原発を停止・廃止に追い込みましょう。原子力ムラの一角の富大から原発反対の声を巻き起こし大学を学生の手に取り戻しましょう!今こそ、学生の行動で大学を社会を変革しましょう!

◎3・11福島県民大集会へ
 富大生のみなさん。原発いらない!3・11福島県民集会に集まりましょう。3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故は、「今起きていることは、命よりもお金が大事という者たちと、金よりも命が大事という人々の闘い」という福島のお母さんたちの言葉通り、電力資本や日本経団連などの大企業のために原発が建設されてきました。行政、マスコミ、司法、大学までもが電力資本に買収・支配され、福島原発事故まで行き着いたのです。3・11は「金のためならなんでもやる」という新自由主義という構造こそが問題の核心であことが鮮明になりました。このような社会は変えなくては習いません。

◎原発と基地問題は一体!3・11でひっくり返そう!
 しかし、野田政権は原発再稼働のために「事故収束」を宣言し、「除染すれば大丈夫」「20ミリシーベルトまでは安全」とうそぶき、日々、福島の子どもたち、作業員を被曝にさらしています。また一方では避難を強制し、人間関係を破壊された人たちを膨大に生み出しています。
 「収束宣言」のウソとは裏腹に、2月7日には、福島第一原発2号機で原子炉内が80度近くまで急上昇しています。。同時に、沖縄では普天間基地の固定化、辺野古新基地建設のごり押し、沖縄防衛局長の「講話」問題は、沖縄差別構造を浮き彫りにし、沖縄の怒りが日米安保を揺るがしています。沖縄に基地を押しつけ、福島に原発を押しつけてきた構造は全く同じです。大恐慌と3・11情勢下、新自由主義への怒りがあらゆるところで爆発しています。「原発の廃絶なくして何が復興か!」この怒りと団結し、3・11原発いらない福島県民集会で「命よりも金」の社会をひっくり返そう!

◎原発推進の富山大学!
 3・11福島集会には、原子力ムラにみられる古い支配を吹き飛ばし、歴史を動かす可能性に満ちています。しかもその中心は、青年労働者や学生の力であり、特に原子力ムラの一角である大学から学生が行動することが原発を止める最大の力になります。
 「原発推進11大学に104億円」(1月22日毎日新聞)、そして11大学として富山大学は06年から5年間で原発関連企業から835万円の原発マネーを受けとってきたことが暴露されました。富山大学の遠藤学長は原発を推進してきた反省の言葉すらなく、さらに北陸電力から1億1800万円という寄付金を受け取り、電力中央研究所という原発推進機関の田中和幸を招いて寄付講座を開催しようとしています。もう一度、富山大学は原発推進という犯罪に手を染めるのか!ということです。

◎学生の団結で大学を奪還し、原発廃絶へ!!!

 06年の企業優先の大学運営、原発推進と同時に行われてきたのが、学生自治会つぶし、自治寮つぶし、サークル規制であり、学生の団結破壊です。一方で学長・理事が企業と癒着し大学を私物化して金儲けに走り、他方で「学生は社会のことを語るな」「憲法よりも学長がえらい」(市川・富大職員)と学生を弾圧してきました。富大でのビラまきの禁止から大学祭、サークルでの飲酒禁止。自治寮の破壊から寮での監視カメラの設置という学生支配は全く一体のものであり、学生支配、学生の団結破壊をもって、大学当局と企業が一体化し、原発推進を行ってきたのです。
 大学当局が恐れているのは学生の怒りであり団結です。学生が立ち上がれば、こんな支配は吹っ飛びます。原発を推進してきた京都大学では、ついに学生の怒りが爆発しています。京大主催の原発推進の講演会に対して、京大生が追求し御用学者を追い出す闘い打ち抜かれました。法政大学、広島大学、東北大学でもキャンパスから原発再稼働を止める学生の行動がはじまっています。

◎学生が歴史の全面へ
 今こそ学生が歴史の全面に出る時です。大恐慌の中で、2011年は、エジプトから米国まで全世界で労働者、学生が闘いに立ち上り、2012年は「命よりも金儲け」という新自由主義の社会と決着をつける年です。その最先頭に学生が立ちましょう。野田政権と原発を進める大学当局に私たちの学生の未来、子どもたちの未来、労働者の未来を明け渡すことはできません。3月11日は、怒れる福島の労働者、学生、農民、漁民、そして全国の労働者と団結し、私たちの行動で原発を止め、「命よりも金儲け」の社会を変えましょう!富大生は3月11日福島へ駆けつけましょう!

◆コラム 御用学者を富大から追い出そう!
 1月17日、「東日本大震災から学ぶ」と題され行われた近藤隆教授「放射線と人体」授業を絶対に許せない。
授業では①「人間はいままでも自然から放射能受けてきた」から大丈夫だとし、②内部被曝のことは一切言わない。そして③「人間の死因として、感染症、タバコ、事故、食品添加物などの方が放射能より影響が多い」として放射線の危険を低め、④「低線量の影響は不明。こういうことを福島の人に説明すれば安心感を与えられるだろう」としている。
 こんなものが富山大学の名を語り、授業でやられていると思うと本当に許し難い!こんなものは科学でもなければ、現実的には放射能汚染を強制する論理以外の何ものでもない。
「低線量の影響は不明」と言いながら、「安全性」を説明することもなく、「安心」を語っている。御用学者を富山大学から追い出そう!
スポンサーサイト
2012.02.20 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


検索フォーム
お知らせ
全学連パンフ出来! 3eb090d4f1a3d0b7d52b8eae320a028d-213x300.jpg
ダウンロード
NAZEN反原発署名 署名用紙ダウンロード
アクセス
QRコード
QR
スケジュール
1月20日 法大デモ&処分撤回裁判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。