FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


11・12京大集会報告ビラ
カテゴリ: 未分類
14日発行のビラです。

141114富大ビラ-001

141114富大ビラ-002

 12日、京都府公安警察による京都大学侵入と学生への日常的な監視・弾圧に対して、京大全学自治会同学会主催した京大緊急抗議集会が300人の学生、労働者、市民の結集で開催され、夕方の屋内集会にも150人が集まり大成功しました。
 連日、テレビや新聞などのマスコミで報道される「大学の自治」の問題は、安倍政権が戦争と改憲に進む中において、大学を戦争協力、軍事研究の要に位置づけ、学生の自由な論議や活動を規制する中で起きている問題です。まさに京都大生の仲間の闘いのように学生の論議と行動こそが、大学の自治を守り、大学の戦争協力を阻止してきたのです。全国の学生は京大生に続こう!富大からも大学の戦争協力阻止!富大の原発推進反対!中野くんの退学処分反対の声を上げよう!12月6日の国会デモに参加しよう!

■11・12全学連委員長・斎藤郁真くんのアピール

 本日、私は11月4日に起きた京大公安警察摘発事件、および京大同学会が先頭に立っておこなってきた京都大学での学生の自治を守り、発展させようこの運動に全面的な賛同と連帯の意思を表明して本日この発言をおこないたいと思います。
 みなさん。今この社会の時代を見れば、全世界的な経済危機の中で失業があふれ、私たちの生活は日々切り詰められ、そしてその中で市場や資源、領土、こういったものをめぐってイラクやシリアでウクライナで、もしくはパレスチナのガザで戦争がどんどん起きていく。それはもちろん私たち日本においても、東アジアの情勢がますます不安定化していく。こういう中で、決して無関係な問題ではないというふうに思います。
 安倍政権は、集団的自衛権の閣議決定を今年7月に行い、12月には日米安保ガイドラインの再改定と特定秘密保護法の施行が迫っています。こういう時代の中で、京大同学会中央執行委員会が、大学の中で学生はこれからの時代どう生きていくのか、この国をこの世界をこれからどうしていくのか。もっともっと私たちは考えよう。こういうことを訴えて行動していたら、京都大学の中に公安警察が入り込み白昼堂々学生を監視していた。このことが摘発されたわけです。昨日は、集団的自衛権行使容認に反対して東京の日比谷公園で焼身自殺を図った男性も現れました。みなさん。ほんとに多くの人たちがこの社会をおかしいと感じ、怒りの声がこの社会に積みあがっている。私はそう思います。そしてそういう中であるからこそ、徹底的に学生を、もしくは町を歩く労働者を、市民を監視するために今、安倍政権は公安警察による日常的な監視体制を強めている。こういう問題が暴露されたのが、京大の公安摘発事件だと思います。
 今回も、新聞報道等などで言われているように、一部の過激な学生の問題、こういうふうに物事を捻じ曲げるような傾向があります。でも、みなさん。おきていることはなによりも時代の方が過激だと言うことです。集団的自衛権に反対して、焼身自殺を試みた男性の思いは、どれほどの怒りを積み重ねてあのような行動にでたのか、それはみなさんぜひ想像すべき問題だと私は思います。今回、例えばいくつかの新聞で京都大学にかってに公安警察が入ったことは問題だが、しかしそれに対して学生が公安警察を取り押さえたことはやりすぎだというふうな論調があります。でもみなさん、当日その公安警察は、学生がお前は公安だろと追求したら彼は逃げたんですよ。公安が学内にいるということを問題にするには、彼を捕まえなくてはならなかったんですよ。日常的な監視活動を行い、違法な捜査を行い、それを追求したら逃げる。こうやって安倍政権は違法な捜査で私たちを日々弾圧しているわけです。そうやって政治活動に関わればリスクがある。過激な学生がかってにやっているだけだ。こういうふうに私たちを黙らせて、都合のよいように大学、学問を買収して、戦争に協力させていく。それが今この日本で行われている大学改革の実装だと思います。
 11月2日、同学会の先頭で闘っていた2名の京大生と、首都圏で私たち全学連と共に活動してた首都圏の仲間が不当に逮捕されました。今も彼らは10日間、公務執行妨害というまったく何をやったのかわからない微罪で10日間も獄中に監禁されています。学生が公安警察を違法な捜査を追及して3時間監禁したらやりすぎと言われれる。学生が戦争反対のデモに出て、それで逮捕されて10日間も拘留されるのはやりすぎではないんですか?これが今の社会で言われる合法と言われる正体だろうと思うし、私達はこれに対してもう一度この事件をきっかけにして大学のあり方、社会のあり方に対して、もう一度考えなおす必要があると思います。
 ぜひ、これを一つの突破口にしてすべての学生に考えてほしい。この京都大学においては、同学会中央執行委員会と共に議論をし討論をし、そして学生どおしが団結して行動してほしいと思います。その結果、どういう行動になるのか、れはその討論しだいです。
 ぜひ、みなさんの主体性をもって、この時代にどうやって生きるのか、私達はどうやって生きるべきなのか、そもそも、学とは学問とはなんだったのか? このことから含めて今の時代考える必要があると思います。
 12月の6日に、私達は、全学連として日米安保ガイドラインの改定に対して、東京の国会でデモを行います。ぜひ共に参加してください。東京で会いましょう。ありがとうございました。

◇コラム1 11・12富大集会

日時:11・21富大集会
場所:五福キャンパス正門
◇大学の戦争協力阻止!
◇中野くんの退学処分撤回!
◇京都大生と連帯!
◇抗議文の回答受け取りに行きます!


◇工ラム2 京大・熊野寮への不当家宅捜索許さない!
 13日の午後2時、警視庁公安部は、京都大学熊野寮への不当な家宅捜索を行いました。完全装備の機動隊120人で体制を組み、エンジンカッターなどを使った大掛かりで異様な家宅捜索であり絶対に許すことができません。11・2労働者総決起集会で不当逮捕された3名のうち2名が京大生であり熊野寮の寮生だとされているが、誰が見ても京大生が京都府警摘発・追放への報復であり、学生を恐怖で萎縮させようというやり方です。富大生は京大生と連帯し共に大学の自治を守るために闘おう。3人の学生を取り戻そう!
スポンサーサイト
2014.11.14 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


検索フォーム
お知らせ
全学連パンフ出来! 3eb090d4f1a3d0b7d52b8eae320a028d-213x300.jpg
ダウンロード
NAZEN反原発署名 署名用紙ダウンロード
アクセス
QRコード
QR
スケジュール
1月20日 法大デモ&処分撤回裁判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。