スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


福島大での2・3弾圧弾劾!3・11反原発福島行動へ
カテゴリ: 未分類
A君を即時奪還しよう!

2月9日発行のビラです。
150209富大ビラ-001
150209富大ビラ-002
 富大生のみなさん。2月3日、福島大学内で全学連の仲間A君が警察権力によって不当逮捕されました。本当に許すことができません。テレビでは「反原発ビラを受け取らなかったから暴行」と言われていますがまったくのウソ、デタラメです。A君を早期に取り戻し、戦争と原発再稼働に突き進む安倍政権を倒そう。3・11反原発福島行動を大成功させましょう!

■A君の不当逮捕はでっちあげだ! 
 福島大学では、A君への不当逮捕に対して福大生の怒りが噴き出しています。以前、3・11反原発福島行動に参加した学生は「彼が暴行なんてするはずがない」と話し、ビラを受け取り不当逮捕を知った福大生たちも「許せない!」と怒りを表明しています。そもそも、A君は安倍政権の原発再稼働と福島切り捨てに対して怒り、福島大学で活動してきた学生であり、福大生なら誰もが彼のことを知っています。不当逮捕は白昼堂々と行われ、多くの学生が「暴行をしていない」ということを知っています。しかも、許しがたいのは福島大学当局です。暴行されたとする学生が逆にA君を突き飛ばした事には一切ふれず、副学長名義で「学生のみなさんは身の危険を感じたら直ちに学生課にお知らせください」と全学生にメールを流し、学生の反原発運動を弾圧する側にまわったのです。
 これは、去年11・4京都大学公安警察摘発事件(公安が学生の反戦運動を監視・調査していた)に見られるように、安倍政権、福大当局が学生の反原発運動や3・11反原発福島行動に立ち上がることに恐怖しているのです。
 大学自身が「学問の自由」「大学の自治」とは裏腹に学生の原発や戦争への怒りを徹底的に弾圧しています。まさに福島大学で行われている“学生の主体性を徹底的に禁止・弾圧する”=これが大学の戦争協力の本質です。

■福島の怒りつぶすための不当逮捕 
 2・3不当逮捕は3・11反原発福島行動を前にして福大生、福島県民に怒りに火をつけています。そもそもなぜ今、福島大学での不当逮捕なのでしょうか?
 それは、福島の現実こそが「命よりも金」の安倍政権の全本質をラジカルに暴いているからです。「復興」と言いつつ進められているのは、徹底的な福島切り捨てであり、原発再稼動と原発輸出です。去年12月2日の衆院選、安倍政権は第一声で「復興道半ば、さらに加速させるために常磐道前倒し開通」と宣言しました。しかし、「除染半ばで帰る時期も示せねんだ。道半ばなんてウソだ」(12月3日福島民友)と仮設住宅民から批判されています。現実は「復興」の名により、借り上げ住宅、補償、高速道路無料化措置の打ち切りを進め、帰還させて放射能汚染などないと言いたいのです。12月25日には、福島県民健康調査で2順目の子供たちにも甲状腺ガン(疑いも含むガンの診断は113人)が見つかりました。検討委員会と安倍政権はいまだ、福島原発事故と甲状腺ガンの因果関係を否定し続けています。「反原発ビラ」で不当逮捕とは、まさに福島の怒りを黙らせる安倍政権の攻撃だということです。

■「命よりも金、戦争」の安倍政権
 しかも1・20人質事件において、安倍政権の「人命第一」「2億ドルは難民支援」はウソ、ペテンであることを福島の現実がもっとも激しく暴いています。
 この間新たに発覚したことは、安倍政権は2人の人質の存在を事前に把握しながら、今年一月中旬に日本大企業の46社を引き連れての中東4ヶ国、特にイスラエルを歴訪し、総額25億ドル供与を約束したことということです。中東歴訪では、イスラエルとの軍事研究に関する協力関係の強化をはじめ、インフラ輸出や中東石油資源開発への着手が進んでいけば、莫大な利益が大企業の懐に流れ込むのです。はじめから人質がどうなろうと問題外だったのです。
 「命よりも金」の福島の現実とまったく同じです!

■ 2・11富大生討論会、
      3・11反原発福島行動へ!
 大恐慌と安倍政権がますます中東侵略戦争と戦争・改憲に踏み込む中で、3・11反原発福島行動が決定的になっています。3・11福島原発事故はこの社会が「命よりも金」の新自由主義(資本主義)の社会であることを鮮明にさせました。3・11から多くの学生、青年が社会の矛盾に気づき、反原発、秘密保護欧反対、戦争反対の行動に立ち上がっています。福島の怒りこそ、「命よりも金」と戦争の社会を根本から変革することを求めています。
 富大生は、3・11反原発福島行動に駆けつけよう。北陸電力と共に原発を進める富大を学生の手でひっくり変えそう。全国大学のように自治会を発展させ、学生の団結で教育の民営化、原発再稼動を止めよう。
 2・11富大生討論会に参加して、熱い議論を交わし、学生が社会の前面にでよう!

■コラム
 大恐慌と戦争が拡大する中、労働者の国際連帯だけが、宗教、民族といった分断を乗り越え1%の戦争を止めることができます。2008年イラク戦争の中、戦争を止める展望を鮮明に示した労働者の闘いを紹介します。15年現在、全世界でさらに戦争を止める国際連帯が発展している。
労働者の国際連帯が戦争を止める!

――イラク戦争渦中にアメリカと
イラクの労働者が反戦ストライキに立つ――

 2008年5月1日メーデー、米西海岸の貨物取り扱いは、全一日の反戦行動によって停止した。26,000人の港湾労働者は、木曜の朝、職場を離脱した。
 ILWU(国際港湾倉庫労組)はイラク戦争に反対して8時間ストライキを宣言していた。ILWUは、シアトル、タコマを含むアメリカ西海岸の全ての港湾の職場支配権を握っている。ILWUは、イラク・アフガニスタン戦争に湯水のように金を注ぎ続ける民主、共和両党に抗議して、全西海岸港を封鎖する反戦決議を上げていた。
 ILWUローカル19のデモ行進のビラは「平和なきところに労働なし」と訴え、「一人の痛みは皆の痛み」という横断幕が掲げられた。そして同日、イラクにおいても連帯ストライキが行われた。下掲のメッセージはイラクの港湾労働者からのILWUに寄せられたものである。

 民衆の国際的な連帯こそ戦争を止め社会を変革する力だ。
イラク港湾労働者一般組合より、ILWUへ

 カリフォルニアILWUの兄弟姉妹の皆さん。イラクでの戦争と占領に抗議するメーデーストライキ決行の勇気ある決断をされたことは、占領に反対し、我々や全世界の人々のより良い未来を実現しようとする我々の闘いを前進させてくれます。
 我々は労働者だけがより良い世界を作ることができる、ということに確信を持っており、あなたがたの行動はその実例であり、証左です。
 …中略…過去5年にわたって、占領が生み出した党派の一味どもは、我々労働者の中に対立を持ち込もうとした。労働者やその居住地域、市場などを標的にし、無差別にいろいろな爆発物、迫撃弾を使い、銃の乱射を行う。これらは社会を破壊しようとする大きなプランの一部だった。…中略…しかし、彼らは惨めにも彼らのこの地獄のゴールを達成することができなかった。我々は今日、占領と党派の民兵の計画の双方に打ち勝つため、奮闘している。
 …中略…我々港湾労働者は、我々の利害はイラクや全世界の労働者の利害と不可分だと考える。従って我々は労働者の生活条件を改善し、占領のあらゆる陰謀、経済的、政治的プロジェクトを打ち負かす決意である。
 我々の闘いの勝利のために手をつなごう。
 カリフォルニア港労働者万歳!
 メーデー万歳!


スポンサーサイト
2015.02.09 / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


検索フォーム
お知らせ
全学連パンフ出来! 3eb090d4f1a3d0b7d52b8eae320a028d-213x300.jpg
ダウンロード
NAZEN反原発署名 署名用紙ダウンロード
アクセス
QRコード
QR
スケジュール
1月20日 法大デモ&処分撤回裁判
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。